FC2ブログ
すき焼きを食べてきました。
伊賀にあります。

金谷20190921

今日は家族で伊賀焼祭りに行ってきました。
これまで安物の食器ばかり使ってきたので、
心機一転そこそこ高くても気に入ったものを買うつもりだったのですが、
万単位のものと数百円から数千円程度のものと2極に分かれていまして、
ぱっと見てこれいいなと思うものはどれも数万もしていて手が出ません。
結局千数百円のをいくつか買っただけでした・・・
帰りにどこかで夕食をということでこの店に行くことにしました。
伊賀と言えば私にとってはitoですし家族を連れて行きたい気もあるのですが、
先月行ったばかりなので今回は見送りました。

場所は土地勘無いのでうまく説明できません。
伊賀街道沿いといいますか広小路駅の近くにあります。
到着してみると店の横にある4・5台分の駐車場に1台とまっていました。
店の入り口を入ってすぐは精肉店になっていました。
店員が内線で確認して予約客が来る18時半までならOKとのこと。
靴を脱いでスリッパに履き替えて2階へと上がりました。
スリッパを出すのも靴を靴箱に入れるのもすべて店員がやってくれます。
しばし廊下を歩きまして個室に案内されました。

メニューはこんな感じです。

金谷メニュー20190921

これですべてです。
案内された部屋ではあみ焼はできないのでそれ以外でとのことでした。
バター焼にも何となく惹かれるのですが、
最初から決めていたすき焼き(7,722円)を注文しました。
今回は妹の運転でしたので久しぶりに私が外食で飲めます!\(^o^)/
冷酒にしたかったのですがずいぶんと値段が高いですよね。
4合もあるんだそうです。
それでは多過ぎるので御酒(475円)にしました。

まずは御酒が運ばれてきました。

金谷御酒20190921

小さい徳利に1合だけです。
独特の風味がありますがそれほど高級そうな味ではありませんでした。
まぁ普通においしかったです。
そしてどうやら冷酒はビン入りで余ったら持ち帰れたようでした。
やっぱり冷酒にすればよかった・・・

すき焼きの材料が運ばれてきました。

金谷伊賀牛20190921

金谷野菜20190921

金谷割り下20190921

いい感じにサシの入った肉ですねぇ。(*^_^*)
砂糖が山盛りですよ。(゚д゚)

ということで焼き始めました。

金谷肉20190921

調理はすべて店員がやってくれます。
まずは肉を1枚ずつ焼いてくれました。

その間に玉子をかき混ぜました。
焼けたところで中に入れてくれました。

金谷玉子肉20190921

柔らかくて旨みの塊のようでとてもおいしかったです。(*^_^*)
ただ少しスジもあってとろけるほどでは無かったです。
でもまぁ十分な柔らかさだとは思います。

次は肉と野菜を鍋に入れました。

金谷すき焼き20190921

ちょうど出来上がったところです。
これぞすき焼きという光景ですね。
肉以外は白菜にタマネギに長ネギにシイタケに三つ葉にしらたきに焼き豆腐でした。
これを食べ終わったところでまた同じように肉と野菜を鍋に入れました。

焼けるまでの間にご飯が運ばれてきました。

金谷ご飯20190921

ご飯はおひつで持ってきてくれましてお代わりもできます。
味噌汁と伊賀漬も付いてきました。
この伊賀漬が結構おいしかったです。(*^_^*)
これが酒に合うんですよ。

ということで焼けました。

金谷すき焼き2回目20190921

肉はひとり3切れずつでそれ以外の具も結構量があります。

すき焼きは玉子をくぐらすのがポイントですよね。

金谷玉子20190921

濃厚で甘辛い割り下が玉子でまろやかになるのがいいわけです。
当然ご飯はお代わりしました。
程よくお腹が膨れて満足しました。

帰り際に室内を撮影してみました。

金谷部屋20190921

昔ながらの古い旅館という感じでした。

廊下も撮影してみました。

金谷廊下20190921

これがかなり長いんですよ。
横長の相当に広い建物なんでしょうね。
かなり年季も入っていて歴史を感じさせます。

津で言えば朝日屋や松阪で言えば和田金とかに該当する店なんでしょうか?
あちこちで声が聞こえていたのでかなり客が入っているようでした。
最高級の伊賀牛は値段からしてどうやらメニューには入っていないようでしたが、
すき焼きで食べるには十分過ぎるくらいの肉質だったと思います。
接客もとても感じが良かったです。
これだけの古さと広さですから伊賀における名店なんでしょうね。

金谷外観20190921

狭い通りにあるんですが車通りは結構多くてどの車も結構スピードを出していました。

金谷伊賀街道20190921

なのであまりのんびりと佇んでいられないのですが、
古い街並みが保たれていて夏の夜だと少し幻想的ですね。

スポンサーサイト



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ