FC2ブログ
2020.05.16 四季さかな
和食を食べてきました。
にあります。

IMG_0128.jpg

ようやく自粛が緩和され始めまして元通りの営業時間で再開する店も出始めました。
この店に行くのは移転後は初めてですが移転前も含めれば2回目です。
前回は15年以上前だと思います。
かつては高茶屋にありまして今ちょうどもつ小町がある場所でした。
その時の印象としましては普通の和食屋だなという感じでして、
特に再訪したいとは思いませんでした。
いつの間にか店仕舞いしてしまったなと思っていたのですが、
その後ネットで移転したのを知りました。
チラホラと良さそうな口コミを目にしてきたことで再訪を決意しました。

場所は香良洲なんですがとてもわかり辛い場所にあります。
からなら県道754号線の香良洲大橋を越えてしばらく行った右手の住宅街の中です。
車1台が通れるくらいの狭い通りにあります。
知っている人だけが行っているのでしょうね。
到着してみると5・6台くらい置けそうな駐車場に店の人のと思わしき車以外はとまっていませんでした。
中に入ってみると先客はいませんでした。
土曜の夕食時ですがガラガラでした。
一応予約しておいたのですが必要なかったですかね?
でもしておかなければ早仕舞いしていた可能性もあるかもしれません。

メニューはこんな感じです。

IMG_0115.jpg

IMG_0116.jpg

IMG_0117.jpg

IMG_0119.jpg

IMG_0120.jpg

最初の3枚は公式HPにも掲載されています。
残りの2枚はいわゆる黒板メニューに近いものでしょうか?
店名の通りに魚が中心ですね。

店内といいますか室内はこんな感じです。

IMG_0121.jpg

入り口を入ってすぐのところにはカウンターがありまして4席分ありました。
左手に座敷がありましてそれがこれです。
1室に2組分ありまして2部屋ありました。
これ以上あるのかどうかはわかりませんでした。
掘りごたつ式になっていました。
座布団の代わりに厚めのマットが敷かれていまして、
とても座り心地が良かったです。(*^_^*)

ということでまずはドリンクが運ばれてきました。

IMG_0122.jpg


地酒の三重錦(660円)です。
当初はきげんよしという香良洲の酒を注文したのですが品切れでした・・・
中口で芳醇な感じでとてもおいしかったです。(*^_^*)
今回も私が飲めました!\(^o^)/

今回も運転してもらっている妹はウーロン茶(270円)です。

IMG_0123.jpg

当初は黒ウーロン茶を注文したのですが品切れとのことでした。
本人を目の前にしては口が裂けても言いませんが、
ここしばらく毎度毎度すんませんなぁ・・・
兄妹揃って酒飲みだとどちらかが犠牲になってしまうという・・・

20分ほどで運ばれてきました。

IMG_0124.jpeg

母が食べた煮魚膳(1,600円)です。
鯛のあら煮でした。
それ以外には刺身と天ぷらと茶碗蒸しもついていました。
これを見た途端に身がほとんど無いと言い出しました。
確かに頭の部分ばかりでして骨が多いのですが、
あらというのはそういうものですしねぇ。
私も少し食べてみましたが骨の間に身はちゃんとありました。
濃い目の少し甘口でおいしかったです。
でも少しでも気に食わないことがあると母は全否定になってしまいます。
食事中ずっと不満げでした。

次は妹が食べたあなごの天ぷら膳(1,300円)です。

IMG_0125.jpeg

穴子を中心とした天ぷらの盛り合わせに刺身とおひたしもついていました。
普通においしかったようです。

次は私が食べた海鮮丼膳(1,880円)です。

IMG_0126.jpeg

海鮮丼にはイカにタコにアジにホタテにエビにサーモンに錦糸卵がのっていました。
刺身はどれも厚切りでおいしいのですがご飯が私には柔らかめでした。
天ぷらは海老が2本にシシトウにナスにイカにシイタケにサツマイモでした。
中がしっとりとした感じでとてもおいしかったです。(*^_^*)
小松菜?と油揚げのおひたしは普通でした。

次はだし巻き玉子(550円)です。

IMG_0127.jpeg

酒のあてとして1品ものも注文していたのですが、
定食よりも後に運ばれてきました。
ふわふわな食感でとてもおいしかったです。(*^_^*)

最後に天然ぶり塩焼き(770円)です。

IMG_0129.jpeg

母がブリの煮物や照り焼きが好きで家でよく食べるのですが、
塩焼きはあまり食べた記憶がないので試してみました。
柔らかくてジューシーでとてもおいしかったです。(*^_^*)
四角いのは高野豆腐かと思って食べてみたらクリームチーズでした。
これなんか酒のあてそのものですよねぇ・・・
程よくお腹が膨れました。

正直申しまして前回とあまり印象は変わりませんでした。
普通で無難な和食の店という感じです。
でも魚の質はかなり高いようには感じました。
ただ酒を注文しているのに1品ものが後から運ばれてくるのは困りますね。
もう1杯くらいは飲みたいところだったのですが、
家族が食べ終わっていたのでやめておきました。
ドリンク以外は注文の時に言った順番で運ばれてきていました。
もしかして伝票に書いてある順に調理していたのでしょうか?
その辺はもう少し気を利かせてもらいたいところです。
母がヘソを曲げてしまったので再訪は厳しいですが、
料理は自信を持ってオススメできるレベルではあります。

IMG_0130.jpg

スポンサーサイト



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
すき焼きを食べてきました。
鈴鹿にあります。

まと場20200418

この店は比較的最近にその存在をネットの地図で偶然見つけました。
でも鈴鹿ではかなり有名な店のようです。
実は昨年の11月に店の前までは行っているのですが、
予約で満席で2時間待ちだと言われて他の店に行きました。
今回は満を持して念のために予約をしてから行きました。

場所は県道54号線いわゆる鈴鹿中央道路の終点?くらいのところにあります。
伊勢鉄道の鈴鹿駅の近くです。
到着してみると5・6台はとめれそうな駐車場に2台とまっていました。
中に入ってみるとかすかに声は聞こえていたので先客はいたと思います。
2階に上がるように言われました。
個室のみのようで5・6室あるようでした。
土曜の夕食時ですが満室にはなっていないようでした。

メニューはこんな感じです。

まと場すき焼きメニュー20200418

まと場あみ焼きメニュー20200418

まと場ドリンクメニュー20200418

結構値段に幅がありますね。
私はあみ焼きの方がいいのですが、
母がすき焼きを好むので最初からすき焼き1択です。
厚切りというのにも惹かれるのですが、
今回は9,500円コース松(サービス料別途)を注文しました。

室内はこんな感じです。

まと場個室20200418

建物からして結構年季が入っている感じでして、
古い旅館みたいな雰囲気でした。
テーブルが掘りごたつになっていました。
座布団だけではなくて座椅子になっているのがとても快適でした。

ドリンクは毎度お馴染みの地酒にしようと思ったのですが・・・

まと場冷酒メニュー20200418

メインメニューの冊子とは別に冷酒とワインのメニューがありまして、
その値段の高いの何の・・・
これ以外にも1本1・2万とかのワインがずらりとのっていました。
850円の日本酒にしようかとヘタレかけましたが、
ここはもう覚悟を決めまして2,780円の冷酒を注文することにしました。

ということで運ばれてきました。

まと場冷酒20200418

滾滾という作を製造している会社の日本酒です。
まさに鈴鹿地酒ですね。
飲食店で飲めるのはこの店だけというのに惹かれてしまいました。
とてもフルーティかつ濃厚な味わいでとてもおいしかったです。(*^_^*)
ということで今回も私が飲みました!\(^o^)/

ウーロン茶(380円)も運ばれてきました。

まと場ウーロン茶20200418

これは妹が注文しました。
本人を前にしては口が裂けても言いませんが、
このところ毎回運転してもらって申し訳なくありがたく思っております。m(__)m

ということで肉が運ばれてきました。

まと場肉20200418

いい感じにサシが入っていますね。

野菜も運ばれてきました。

まと場野菜20200418

白ネギがいかにも新鮮な感じです。

ところがここからなかなか始まりません。
15分くらいかかってやっとこうなりました。

まと場炭火20200418

おそらくこの炭を焼いていたからだと思われます。
この炭の直火で肉を焼きたい・・・

ということでやっとすき焼きが開始しました。

まと場すき焼き20200418

最初から最後まですべて仲居さんがやってくれます。
客は食べるだけです。

ということで肉が焼けました。

まと場肉玉子20200418

柔らかくて旨味が強くてもの凄くおいしかったです。o(^▽^)o
さすがに値段だけのことはあります。
玉子もとてもいい旨味でした。

白ネギも焼けました。

まと場白ネギ20200418

シャキシャキ感を残してあるのがいい感じでした。

次に2枚目の肉を食べつつ他の野菜も次々に焼いてくれました。

まと場タケノコ20200418

タケノコです。
春の味覚ですね。
うちの畑でタケノコが取れまして家でも食べています。

さらに3枚目の肉を食べつつ青ネギと豆腐に人参と白菜です。

まと場青ネギ豆腐20200418

まと場人参白菜20200418

肉の旨味がしみてきています。
これこそがすき焼きの醍醐味ですね。

酒を飲み干したのでご飯を食べることにしました。

まと場ご飯20200418

おひつがありましてこれだけは自分たちでよそいました。
漬物はたくあんにきゅうりに白菜でした。
これがおいしくて漬物だけでもご飯がガンガン進みます。

肉が10枚あったようで1枚余りました。
そして私がいただくことになりました。

まと場しらたき20200418

しらたきと水菜も入っています。
ご飯もお代わりしました。
程よくお腹が膨れて大満足でした。

かなりおいしかったというのが率直な感想です。
母も妹もかなり喜んでいました。
肉の質からすればおそらく値段以上のクオリティなのだと思われます。
接客もとても感じが良かったです。
またいつか機会があればさらなる贅沢をしに寄らせていただきます。

まと場外観20200418

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
2020.03.28 友食
定食屋に行ってきました。
にあります。

友食20200328

今日は土曜なのですが私が夕食後に仕事でして近場で済ませようということになりました。
この店は食べ歩きを始めた当初からその存在は知っていました。
でもその当時は特に関心は持っていませんでした。
昨年に代替わりとともに移転しまして気になっていました。
ただ日曜定休なので買い物ついでの機会がありませんでした。
今回は家族で行くちょうどいい機会が巡ってきました。

場所は高茶屋の県道114号線沿いにあります。
かつては同じ通りのF1の斜め前くらいのテナント群の一角にありましたが、
そこから城山方面の少し離れたところに移転しました。
到着してみると店の前の駐車場に1台とまっていました。
店の前に3台分に店の右手に4・5台分くらいありました。
中に入ってみると先客が1組だけでした。
土曜の夕食時ですがすいていました。

メニューはこんな感じです。

友食定食メニュー20200328

友食キッズメニュー20200328

友食おつまみメニュー20200328

友食ドリンクメニュー20200328

友食その他メニュー20200328

定食の種類が豊富にあります。
一品ものも結構あるので居酒屋的な使い方もできますね。
先客の家族連れのお父さんがグビグビと飲んでおられました。
ここしばらく妹に運転してもらっていたのでビールを飲むように勧めたのですがいらないとのこと。
ここしばらくどちらが運転するかで揉めていたのは何だったのかと・・・
どういう心境の変化かわかりませんが今後は気兼ね無く運転してもらえそうで何よりです。(^∇^)
私はMy定食(1,300円)を注文しました。
おかず3品とドリンクを選べます。

店内はこんな感じです。

友食店内20200328

4人掛けテーブルが3組にカウンターが5・6席くらいありました。
まだ新しくてとてもきれいな店内でした。
注文して待っている間に若い男のおひとり様が2人入ってきました。
店主夫妻が若いとどうしてもありがちですが、
子供が店の中に入ってきて騒ぐというほどではありませんが少しうるさかったです。

店内に表示もしてありますが調理にかなり時間がかかります。
30分ほどでやっと運ばれてきました。
まずはハンバーグを食べてみました。

友食ハンバーグ20200328

ハーフサイズですね。
おいしいのですが普通でした。

次に生姜焼きを食べてみました。

友食豚生姜焼き20200328

かなり甘めの味付けでした。
おいしいのですが普通でした。

次にサバ味噌煮を食べてみました。

友食鯖味噌煮20200328

これが味噌煮?・・・
手作りなのか微妙な感じでした。
おいしいのですが普通でした。

小鉢と漬物もついてきました。

友食小鉢20200328

カボチャは甘くて苦手なので母にあげました。
漬物も普通でした。

夜はご飯のお代わりが1杯無料なのでお願いしました。

友食ご飯20200328

このサービスは素晴らしいですね。
味噌汁は濃厚でとてもおいしかったです。(*^_^*)
程よくお腹が膨れました。

ちなみに妹が食べたのはこれです。

友食とりマヨ20200328

テリマヨ唐揚げ定食(900円)です。
私も少し味見しましたがかなり甘い味付けでした。

ちなみに母が食べたのはこれです。

友食赤魚煮付け20200328

赤魚煮付け定食(900円)です。
私も少し味見しましたがかなりあっさりした味でしたがかなりおいしかったです。(*^_^*)

旧店舗の頃はおそらくこんな感じだろうと思っていたので行かなかったのですが、
代替わりして良さげな予感がしたので行ってみたのですが・・・
普通においしいのですがCPはイマイチですね。
ただうちの家族はかなり気に入ったらしくとてもおいしかったと言っておりました。
カレーが気になっているのでまたいつか気が向いたら家族で寄らせていただきます。

友食外観20200328

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
いくら丼を食べてきました。
にあります。

北海炉20200307

いつもはほとんど私がどこに行くのかを決めるのですが、
今回は妹が三重タイムズの広告からこの店を見つけまして、
まだどうしようか検討している間に母がいつの間にか予約してしまいました。
実はつい最近にネットの地図でこの店を見つけてリストに入れていたんです。
まさかこんなに早くに行くことになろうとは・・・
今日は昼に法事がありまして親戚もひとり一緒の4人で行ってきました。

場所は高茶屋の国道165号線沿いと言いますかその高架下にあります。
なので国道から直には入れません。
横道から迂回する必要があります。
駐車場はその高架の真下にあります。
到着してみるとかなりの台数がとまっていましたが、
おそらくほとんどは客の車では無いように感じました。
広いので適当にとめて大丈夫だと思われます。
中に入ってみると先客はいないようでした。
土曜の17時過ぎの早い時間なのでガラガラでした。
私たちが食べている間に次々に客が入ってきている声がしていました。

メニューはこんな感じです。

北海炉お食事メニュー20200307

北海炉一品メニュー20200307

北海炉新メニュー20200307

北海炉ドリンクメニュー20200307

御膳がいくつかありますが一品ものが中心ですね。
夜は居酒屋的な感じのようです。
ただまぁそれにしてはアルコールの種類が少ないですね。

店内といいますが室内はこんな感じです。

北海炉店内20200307

どうやら個室のみのようでした。
靴を脱いで廊下を歩いて和室に案内されます。
一番最初の写真にもあるように一枚板のテーブルで掘りごたつ式になっていました。
テレビまで設置してあってまるで旅館みたいですね。

ということでまずはすぐに酒が運ばれてきました。

北海炉冷酒20200307

冷酒(770円)です。
初日という三重の地酒です。
いかにも生酒という感じの甘口でとてもおいしかったです。(*^_^*)

同時にあても運ばれてきました。

北海炉カニ味噌20200307

左はかにみそ(693円)です。
値段の割には量が少ないような・・・
味は濃厚でとてもおいしかったです。(*^_^*)
右はつき出し(?円)です。
ワラビ?と油揚げの煮物でした。
普通でした。

ここからなかなか次が来ません。
20分ほどでやっと運ばれてきました。

北海炉いくら丼20200307

いくら丼(1,408円)です。
私が〆様に注文したのが一番先にきました。
まぁのせるだけのものですからね。
タレらしきものがかかっていませんし、
卓上にはソースはあっても醤油は置いてありませんでした。
かけるのを忘れられてしまったのかイクラの味だけで食べるものなのか・・・
そのまま食べましたがイクラの粒がかなりしっかりしていて上質なのがわかりました。
味はとてもおいしかったのですがご飯の量に比べてイクラが少ないですね。

酒のあてにもう1品注文してあるのですがなかなか運ばれてきません。
仕方が無いのでミニサラダをあてにしばらく飲んでいました。

ちなみに妹と親戚が食べたのがこれです。

北海炉石狩ご膳20200307

石狩御膳です(1,430円)。
海鮮丼にそばにサラダにししゃもです。

ちなみに母が食べたのはこれです。

北海炉海老天丼20200307

海老天丼(1,023円)です。
海老以外にもナスにシシトウに大葉が付いています。
食べ始めはご飯の量が多いとブツブツ言っていたのですが難なく平らげました。

そしてやっと一番最後にもう1品が運ばれてきました。

北海炉出汁巻き玉子20200307

だし巻玉子(473円)です。
今度は値段の割りにずいぶん量が多いですね。
ふわふわな食感でとてもおいしかったです。(*^_^*)
私以外は普通に食事だけなので私だけだらだらと飲み食いしているわけにもいかず、
あまり注文しなかったのでお腹は膨れませんでした。

料理のクオリティも食材の質もどちらもとても高いと感じました。
ただそれでも何かもうひとつピンと来ない感じもありました。
メニューが年寄り向けな感じだからでしょうか?
値段が全体的に少し高めですがおそらくそれ相応の食材を使っているからだと思われます。
店の感じからして宴会利用がメインなんでしょうね。
宴会コースだとドリンクメニューももっと充実しているのかもしれません。
席は予約しましたが料理は到着してから注文しているので時間がかかったのだと思われます。
調理している人がひとりなのかもしれませんね。
接客もとても感じが良かったです。
今回はいくら丼を注文しましたがさっぽろらーめん定食と迷ったんです。
またいつか機会があれば寄らせていただきます。

北海炉外観20200307

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
すき焼きを食べてきました。
松阪にあります。

海津20200215

先週は松阪の居酒屋に行きましたが、
また母が松阪に行くというだけで勝手に牛肉が食べれると思い込んでいまして・・・
食べれなかったのが不満で松阪牛が食べたいとうるさかったんです。
そして行ってみたい店があると言うのですが、
車の中から見かけただけで店名はわからないとのこと。
津から松阪に入ってすぐのところだと言うので、
この店のことではないかと判断しまして行くことにしました。
私も当然この店のことは食べ歩きを始める前から知っていました。
国道23号線沿いには支店もあります。
いかにも高級そうな料亭のような感じの店構えで私には縁の無い店だと思っていました。
生きていればこういう日も来るんですねぇ・・・

場所は国道166号線沿いということになりますがいわゆる旧23号線沿いにあります。
アピタの向かいです。
到着してみると店の前の駐車場に3・4台とまっていました。
中に入ってみるととても広くて長い廊下がはるか奥まで続いていました。
個室のみでして何部屋くらいあるのかはよくわかりませんでした。
予約してあることを告げると入り口から一番近い部屋に案内されました。
18時以降は予約でいっぱいだったらしく17時半に入りました。
満室というよりは店員の数が足らないのかもしれません。

メニューはこんな感じです。

海津メニュー20200215

定食とそうでないのとあります。
定食となっていないものにはご飯と味噌汁が付きます。
定食にはさらにつき出しとデザートが付くそうです。
私は焼肉やステーキの方が好みですが母の好みに合わせます。
ということで特上すき焼(10,890円)を注文しました。
この店は消費税以外にサービス料も10%かかります。

店内と言いますか室内はこんな感じです。

海津店内20200215

和室の畳の上に靴を脱いで上がります。
おそらく人数によっていろんな広さの部屋があるのでしょうね。

庭も撮影してみました。

海津庭20200215

池がありまして錦鯉が泳いでいました。
私も家の庭にこんな感じの池が欲しいんですよ・・・
日が暮れたらライトアップされていました。

ということでまずはドリンクが運ばれてきました。

海津ドリンク20200215

左が妹が飲んだウーロン茶(278円)で右が母が飲んだオレンジジュース(411円)です。

ということは今回も私が飲ませていただきました!\(^o^)/

海津地酒20200215

地酒(1合:1,210円)です。
このとっくりに2合入っています。
だからか2合でしか注文できないそうです。
銘柄はメニューに書かれていませんでした。
とてもフルーティな味わいでとてもおいしかったです。(*^_^*)

部屋の中央が囲炉裏みたいになっていまして炭火で調理します。
鍋がセットされまして具材が運ばれてきました。

海津野菜20200215

ネギに三つ葉にシイタケに人参に焼き豆腐にしらたきです。

肉も運ばれてきまして調理が始まりました。

海津松阪牛20200215

すべて店員がやってくれます。
まずは醤油と砂糖で肉を焼きました。
肉は薄いのがひとり2枚ですが1枚がかなり大きいです。

1枚目は焼いたのをそのまま食べます。

海津肉20200215

レアな焼き加減なのが私好みです。
肉は柔らかくて旨みが強くてとてもおいしかったです。(*^_^*)
ただ味付けがもう少しかなと・・・

次はその他具材を焼き始めました。

海津すき焼き20200215

肉は入っていませんがいかにもすき焼きな光景ですね。
店員が焼けたものから取るように促してくれます。
どれもとてもおいしいのですがやはり味付けが・・・

店員から玉子を割るように言われました。

海津玉子20200215

色が濃くていい感じの玉子ですね。

そこへ肉を入れました。

海津牛肉20200215

やっぱりすき焼きと言えばこれでしょう!
玉子の旨みが加わってさらにとてもおいしかったです。(*^_^*)
ただやはり・・・

肉と野菜の旨みが入った鍋にしらたきを入れました。

海津しらたき20200215

味がしみるまで少し時間がかかります。
これもとてもおいしかったのですが・・・

最後はご飯と味噌汁で〆ました。

海津〆20200215

写真ではわかり辛いかもしれませんが漬物がてんこ盛りでした。
茶碗が大きい割りにご飯は普通盛り程度の量でした。
どれもとても上質でとてもおいしかったです。(*^_^*)
私は典型的なご飯食いなのでこんな上質な漬物があれば何杯でも食べれますよ。
これを食べている時が自分に一番しっくりきているというド庶民の悲しい性・・・
程よくお腹が膨れて程よく酔って満足しました。

かなりハードルを上げ過ぎてしまったのか少し微妙な感じになってしまいました。
味付けがもう少しメリハリがあればと感じたのですが、
それは私の味覚がまだまだだからでしょうか?
肉質も良かったとは思うのですが値段ほどかとなると・・・
うちらみたいなド庶民にはまだまだ高級店は敷居が高いのかもしれませんね。
でもいい経験ができました。

海津外観20200215

母の念願が叶ったのかと思いきや到着早々にこの店じゃ無いとのこと・・・
よくよく話を聞いてみるとどうやらあの店のことではないかと思いました。
なのでまた近々松阪牛を食べに出かけることになりそうです。

帰りに妹がカフェに行きたいと言い出しましてどこかに寄ることになりました。
ということで次行ってみよう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ