FC2ブログ
ざるそばを食べてきました。
松阪にあります。

紀乃國屋20190526

買い物ついでに夕食を外食してきました。
この店の行くのは今回で2回目です。
前回は2013年11月なので5年半振りです。
かなり印象は良かったのですが松阪は候補が多いので再訪の機会がありませんでした。
今回ようやく順番がまわってきました。

場所は県道147号線いわゆる三重高通り沿いにあります。
到着してみると店の前に2台とまっていました。
私がとめると同時に1台出て行きました。
店の前に3台と斜向かいや裏手にも4台分あるようです。
店の入り口に案内表示がしてあります。
中に入ってみると先客が1組だけでした。
日曜の夕食時なのにすいているなとその時は思いました。

メニューはこんな感じです。

紀乃國屋メニュー20190526

そばと1品ものだけでご飯ものはありません。
そして冷たいそばが圧倒的に多いですね。
なぜならこの店のそばはすべて十割りだからです。
温かいとすぐに伸びてしまうからだと思われます。

次々に客が入ってきたのですが店内も撮影してみました。

紀乃國屋店内20190526

入り口を入ってすぐ右側にあるそば打ち場です。
タイミングによっては打っているところを見れるようです。
テーブルが2組にカウンターが5席分だけの小さくて狭い店です。
奥様と思わしき店員から「お好きなところへどうぞ」と言われたので、
ひとりなのにテーブルに着いてしまいました。
そしたらその後から2人連れが2組入ってきましてカウンターに案内されていました。
なのでひとりでテーブルを占有していることの気まずいのなんの・・・(´・_・`)
さらに2組入ってきましてどうするのかと思っていたら、
それぞれのテーブルで相席でということになりました。
なるほど、それならばどこに座っても大差無いということですね。
安心しました。(#^.^#)

ということで5分ほどで運ばれてきました。
まずはだし巻き(500円)です。

紀乃國屋だし巻き20190526

右に盛ってあるのは大根おろしです。
食べてみると玉子がフワトロで旨みが強くてもの凄くおいしかったです。o(^▽^)o
玉子の旨みが際立っていました。

次はにしん皿(500円)です。

紀乃國屋にしん皿20190526

天ぷらと迷ったのですがまだ食べたことが無いので試してみました。
甘露煮だと思うのですが想像していたよりはそんなに甘くは無かったです。
濃厚な味でとてもおいしかったです。(*^_^*)
ただまぁそばよりは日本酒に合いそうな味でした。
せめて白ご飯がメニューにあればなぁ・・・

そしてざるそばです。

紀乃國屋ざるそば20190526

大(1,200円)にしました。
こんもりと盛られていてたっぷりの量でした。
最初はそのまま食べて次に汁につけて食べて、
そして薬味を入れて食べてみました。
十割りだけあってさすがにそばの風味がとても強いです。
汁も出汁が効いていて濃厚ですがそばの風味がそれに負けません。
どう食べてもとてもおいしかったです。(*^_^*)

最後はそば湯で〆ました。

紀乃國屋そば湯20190526

前回よりは少し濃くなっているように感じましたが、
私の理想はもっとドロドロなのがいいです。
しっかりとお腹が膨れて大満足でした。\(^o^)/

やはり松尾系の店だけのことはあります。
どれもこれもとても美味でした。
あのだし巻きのためだけに再訪してもいいくらいですね。
またいつか今回は見送った天ぷらを今度こそ試しに寄らせていただきます。

紀乃國屋外観20190526

スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
ざるそばを食べてきました。
松阪にあります。

さんぽ20181125 

買い物ついでに夕食を外食してきました。
この店の存在を知ったのはまだ最近です。
松阪市内の別の場所から移転して4月に新築オープンしたんだそうです。
かなり人気があるようで開店前から結構並んでいたりもするようですね。
実は4ヶ月前に店の前まで行ってるのですが、
蕎麦が売り切れとの張り紙がしてありまして隣にある焼肉屋に行きました。
懲りずに再挑戦です。

場所は大黒田町の国道42号線の茶与町交差点から路地に入ったところにあります。
焼肉のとっちゃんの隣です。
到着してみると6台分の駐車場に2台とまっていました。
中に入ってみると先客が2組だけでした。
日曜の夕食時なのにすいているなとその時は思ったのですが、
後から次々に客が入ってきました。
テーブルが3組にカウンターが6席だけの小さい店でした。
でも余裕を持って配置されているのでゆったりした感じになっていました。
新しくてモダンな感じのとてもきれいな店内でした。

メニューはこんな感じです。

さんぽメニュー20181125 

これはセットメニューですが単品もいろいろとあります。
そば以外にも酒のあてがいろいろとありました。
アルコールはこの冊子とは別にメニューがあるようで、
店の奥の冷蔵庫にいろんな日本酒が並べてありました。
最初から決めていた鯛丼とそばセット(1,050円)を注文しました。
ざるまたはかけから選びます。
私は寒くてもそばはざるです。
そしてそばを大盛り(+300円)にしてもらいました。

5分ほどで運ばれてきました。

さんぽざるそば20181125 

まずはそばを何もつけずにそのまま食べてみました。
そばのとてもいい香りがしていました。(*^_^*)
つゆにつけて食べてみました。
とてもおいしいのですがそばに比べるとつゆは普通ですかね。
でもそばの風味を生かせているととらえるべきなのか・・・
薬味はネギとわさびでした。
一見すると少なめに見えたのですが大盛りなりの量はありました。
細切りですが程よい歯ごたえもあってのど越しも良かったです。(*^_^*)

鯛丼も食べてみました。

さんぽ鯛丼20181125 

鯛の刺身が4切れのっています。
ゴマだれにひたしてからのせたようです。
その下には海苔と錦糸玉子と鰹節粉?がかかっていました。
鯛が旨みが強くてとてもおいしかったです。(*^_^*)
これは結構いい鯛を使っていますね。

最後はそば湯で〆ました。

さんぽそば湯20181125

とてもおいしいのですが個人的には薄いですね。
もっとドロドロなのが好みです。
でもほとんどの店のそば湯は私にとっては薄いですからね・・・
程よくお腹が膨れて満足しました。

そばのレベルはかなり高いと思いました。
丼ともどもとても繊細な味でした。
でもまだまだ発展途上だと思います。
若い夫婦ふたりでされておられました。
今後のさらなる飛躍を期待しております。

さんぽ外観20181125 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
2018.04.22 長三
つけそばを食べてきました。
松阪にあります。

長三地鶏つけそば20180422 

買い物ついでに夕食を外食してきました。
この店に行くのは今回で2回目です。
前回は2016年8月なので1年半振りです。
あれからずっと次の機会をうかがっていました。
かなりガッツリと食べる気マンマンだったのですが・・・

場所は嬉野のピアゴの斜め向かいの住宅街の中にあります。
到着してみると6台分の駐車場に4台とまっていました。
中に入ってみると先客が4組いました。
座敷が4組にカウンター代わりのテーブルに8席だけの小さい店です。
日曜の夕食時なので混んでいました。
客の年齢層は高めでした。

メニューはこんな感じです。

長三メニュー20180422 

当初はこの中からざるそばを注文して、
さらにカレーライスも食べるつもりでした。
ところがカレーライスがメニューから消えていまして・・・(T_T)
今回はカレーが目当てだったので困惑してしまいました。
仕方が無いのでざるそばと天ぷら盛り合わせにしようかとも考えたのですが、
どうせなら何か特徴のあるものにしようと思いまして、
地鶏つけそば(1,050円)を注文しました。
せっかくなので大盛り(+100円)にしました。

5分ほどで運ばれてきました。

長三ざるそば20180422 

大盛りなのでこんもりと盛られています。
冷たいざるそばです。
まずはそのまま何もつけずに食べてみました。
手打ちなのでいい歯応えなのですがそばの香りはあまり感じませんでした。

ということでつけ汁に入れてみました。

長三つけ汁20180422 

これは熱々でした。
具は鶏肉とネギでした。
食べてみるとおいしのですが何かどうもしっくりこないような・・・(´・_・`)
汁自体は鶏の出汁がよく効いているように感じるのですがなぜだろう?
熊野地鶏はかなり歯応えがありましてかなり硬かったです。
大盛りにしたのでお腹は膨れました。

十分においしいんですけどね。
もう完全にカレーのつもりでいましたので、
心も体もカレーの受け入れ態勢になってしまっていました。
それが満足度がイマイチになってしまった原因だと思われます。
それとやはりざるそばは冷たい汁で食べる方がいいですね。
あの絶品のカレーライスを食べるにはカレーうどんとご飯を注文するしか無さそうです。
またいつか今度は味噌煮込みうどんを食べに行きます。

長三外観20180422 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ