FC2ブログ
蕎麦屋へ行ってきました。
鈴鹿にあります。

きそうらい20190825

買い物ついでに夕食を外食してきました。
この店はリストに入れてからもう7・8年くらいは経つのではないでしょうか。
後から発見した店に次々に優先順位を抜かされてずっと後回しになっていました。
今回ようやく順番が回ってきました。

場所は県道54号線いわゆる鈴鹿中央道路沿いにあります。
正確には沿いではなくてメガネの赤札堂の裏手というか隣にあります。
到着してみると店の前の駐車場に1台とまっていました。
5・6台分くらいはありそうでした。
中に入ってみると先客が1組だけでした。
日曜の夕食時ですがすいていました。

メニューはこんな感じです。

きそうらい一覧メニュー20190825

きそうらいそばメニュー20190825

きそうらいセットメニュー20190825

きそうらい一品メニュー20190825

すべて撮影してみました。
一番最初のが一覧になっています。
この店ではざるそばのことをせいろと言うようです。
当初は天ざるのつもりだったのですが、
大好物の写真を見てしまったら衝動を抑えきれなくなりました。
ということで、カツ丼セット(1,000円)のそば普通サイズ変更(+400円)で、
さらにカツ丼のご飯を大盛り(+50円)にしました。
そばは冷と温から選べまして当然冷にしました。

店内はこんな感じです。

きそうらい店内20190825

テーブルが4人掛けと2人掛けが2組ずつとカウンターが5・6席だけの小さい店でした。
清潔感のあるとてもきれいな店内でした。

まずはすぐにこれらが運ばれてきました

きそうらい揚げそば20190825

冷水とお茶と両方持ってきてくれるのが気が利いていますね。
左にあるのは揚げそば?でした。
塩がよく効いていておいしかったです。

20分ほどで運ばれてきました。

きそうらいざるそば20190825

まずはそばをそのまま食べてみました。
そばの風味がとても強くて何もつけなくてもどんどん食べれてしまいます。
つゆにひたして食べてみました。
濃厚で出汁がよく効いていてとてもおいしかったです。(*^_^*)
そしてその濃い味にそばの風味が負けません。
薬味はわさびとネギでした。
何をどうやっても常にそばの香りを感じていました。

カツ丼も食べてみました。

きそうらいカツ丼20190825

玉子がレア気味でトロトロなのが私好みです。
こちらも出汁がよく効いていてとてもおいしかったです。(*^_^*)
カツは4切れでした。
ご飯を大盛りにしたのでカツとご飯のバランスが悪くなってしまいました。
でも私は典型的なご飯食いなので無問題でした。

最後はそば湯で〆ました。

きそうらいそば湯20190825

そば湯はとろみがほとんど無くて薄かったです。
でもやはりそばの風味はとても強かったです。
一緒にお菓子も持ってきてくれました。
キャンディみたいなのはチョコレートでした。
私はこういうのはほとんど食べませんが、
何気ないおもてなしの心が嬉しいですね。
程よくお腹が膨れて満足しました。

そばのレベルはかなり高いと思いました。
松尾系以外でここまでのレベルは空木以来ですね。
もっと早くに行けばよかったと少し後悔しています。
年配のご夫婦ふたりでされていました。
とても感じが良かったです。
ただ混雑時はかなり時間がかかりそうです。
先客も後から来た客も皆天ぷら系のを食べていました。
平田界隈は候補が山のようにあるので再訪までかなりかかるかもしれませんが、
いつかまた今度こそ天ざるを食べに寄らせていただきます。

きそうらい外観20190825

スポンサーサイト



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
もりそばカツ丼を食べてきました。
鈴鹿にあります。

萌へ井20180826 

買い物ついでに夕食を外食してきました。
第1候補の店に入ったら店主から「もう食事はしてないんですよ」とのこと。
入り口を入ってすぐの黒板に5月31日でレストランの営業を終了しましたと書いてありました。
パン屋併設のレストランでパン食べ放題だったのですがとても残念です・・・(T_T)
ということで第2候補のこの店へと向かいました。
以前は関にあったそうですが今年の3月に移転したのだそうです。

場所はサーキットと平田駅の中間くらいにあります。
かつてヴォーノイタリアがあった場所です。
到着してみると広い駐車場に10台くらいとまっていました。
同じ敷地にというか同じ建物の半分がこの店でもう半分が居酒屋になっていました。
中に入ってみると奥に個室のような座敷がありまして、
そちらに先客がいるようでしたが何組くらいかは見えないのでわかりませんでした。
日曜の夕食時なので結構混んでいるようでした。
入ってすぐのところにカウンターが8席分ありましてそちらに案内されました。
改装したばかりなので新しくてとてもきれいな店内でした。
私が注文して待っている間に次々に客が入ってきまして、
人数が増えるにしたがって料理の提供までに20分とか30分とかそれ以上とか言われていました。
どうやら絶妙のタイミングで入店できたようです。

メニューはこんな感じです。

萌へ井そばメニュー20180826 

この店は十割の手打ちそばなんだそうです。
入り口の横にそば打ちルームがありました。
ということで、もりそば(900円)を注文しました。
大盛りにしてもよかったのですがやめておきました。
なぜならこれも食べたかったからです。

萌へ井飯メニュー20180826 

次のページに丼もののセットもあるのですが、
そちらだと麺がミニになってしまうのです。
なのでそれぞれ単品にしました。
ということでカツ丼(750円)も注文しました。

15分ほどで運ばれてきました。
まずはもりそばを食べてみました。

萌へ井もりそば20180826 

もりそばとざるそばの違いって何でしょうね?
海苔がかかっているかいないかでしょうか?
そんなことはさておき何も付けずにそのまま食べてみました。
蕎麦の風味を強く感じます。
汁に入れて食べてみました。
この汁がしっかりとした味でとてもおいしかったです。(*^_^*)
薬味も入れて食べてみました。
薬味はネギとワサビと大根おろしです。
やはりこれが一番おいしくなりますね。
汁の味がしっかりとしているので薬味に負けません。
蕎麦の香りはそれほどでもありませんでしたが、
歯応えや喉越しはとても良かったです。

カツ丼も食べてみました。

萌へ井カツ丼20180826 

こちらには海苔がかかっていますね。
三つ葉ものっています。
玉子の上にカツをのせてあるタイプのカツ丼ですね。
私はカツの上から玉子をかけて玉子とじにしてある方が好みです。
玉子はトロトロの部分も少しはありましたがもっとレアな方が好みです。
カツは結構歯応えがありましたがスジは無かったので食べやすかったです。
おいしいのですがもっとジューシーな方が好みです。
うちの家族が好みそうなカツ丼でした。
味自体は出汁がよく効いていてとてもおいしかったです。(*^_^*)
お腹がしっかりと膨れて満足しました。

さすがに十割なだけあってそばはかなりのレベルだと思いました。
そばつゆがかなりおいしかっただけあって丼ものはどれも間違いないと思われます。
店員の接客もとても感じが良かったのですが、
食後にそば湯を持ってきてくれるはずだったのですが忘れられていたようでした。(´・_・`)
こちらから催促してもよかったのですが混んでいて忙しそうでしたし、
こちらも買い物の時間のこともあるので何も言わずにお会計しました。
メニューはまだまだ結構豊富にありますので、
また機会があれば寄らせていただきます。

萌へ井外観20180826 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ