FC2ブログ
鳥焼きを食べてきました。
鈴鹿にあります。

ふじがおか20200129

今日は年休を消化するために仕事を休みました。
ならばということで家族で外食に出かけることにしました。
この店は5・6年くらい前からずっとこの付近に買い物にくるたびに第1候補にしていました。
そのたびに満車満席であきらめて他へ行っていました。
おそらく7・8回は店の前まで行っているはずです。
昨年くらいにとうとう完全にあきらめましてリストから消しました。
でも今回は平日ということもあってもしかしたらと思いまして行ってみることにしました。

場所はとても説明が難しいです。
県道645号線を河芸から鈴鹿へと向かう途中で1本左の通りの県道54号線に乗り換えると左側にあります。
到着してみると20台分の駐車場に5・6台とまっていました。
中に入ってみると先客が4・5組いました。
夕食時ですが平日だからかすいていました。
土日だと駐車場に入りきれない車が立ち往生しているくらいなのに・・・
こんなにも落差があるんですねぇ・・・

メニューはこんな感じです。

ふじがおかメニュー20200129

ふじがおかドリンクメニュー20200129

藤ヶ丘食堂とそっくりですね。
店名からして当然ですが姉妹店のようです。
あちらは50円値上げしましたがこちらは据え置きですね。

店内も撮影してみました。

ふじがおか店内20200129

結構広くてテーブルが9組ほどに座敷が3組ほどありました。
とてもきれいな店内でした。
本家に比べて店主や店員の年齢が若い感じでした。

ということですぐに運ばれ始めました。

ふじがおかレバー20200129

キモ焼き(350円)です。
プリプリでいい感じですね。

次は焼野菜(300円)です。

ふじがおか焼き野菜20200129

タマネギにシシトウにシイタケです。

次はとり焼若(400円)です。

ふじがおか若20200129

3人前あります。

次はビールの大瓶(550円)です。

ふじがおかビール20200129

今回は私は運転手なので妹と母が飲みました。

次はめしです。

ふじがおかめし20200129

右が大(130円)で左が小(100円)です。
大は私で小は母が食べました。
妹はめしは食べませんでした。
値段が安いからか大とは言っても他店の普通盛りくらいだと思います。
漬物もついてきましてしば漬けでした。
米質も炊き加減も良かったと思います。

ということで焼き始めました。

ふじがおか網焼き20200129

ガスによる網焼きです。
いわゆる無煙グリルですね。
結構しっかりとした火力でした。

焼いている間に唐揚げ(400円)が運ばれてきました。

ふじがおかから揚げ塩コショウ20200129

右の小皿の塩コショウをつけて食べます。
外はカリっとしていて中はジューシーでとてもおいしかったです。(*^_^*)
これは私が食べました。

同時にから揚げがもうひと皿運ばれてきました。

ふじがおか甘ダレ20200129

こちらは甘ダレがかかっています。
これは母と妹が食べました。
甘ダレが好きな母が気に入ったようでした。

ということで焼けました。

ふじがおか鳥焼き20200129

つけダレに入れて食べます。
若は柔らかくてジューシーで、
キモも柔らかくてまろやかで、
どちらもとてもおいしかったです。(*^_^*)
焼野菜はシイタケがおいしかったです。
肉とタレの旨みでめしが進みまくりまして大を追加しました。

最後はとり鍋うどん(450円)で〆ました。

ふじがおか鳥鍋うどん20200129

これが食べたかったんですよ。
ひとりには量が多いですからね。
家族で行った時じゃないと注文できません。
具は鳥肉に白菜に人参にモヤシでした。
出汁がよく効いていてとてもおいしかったです。(*^_^*)
焼肉の〆には最高ですね。
しっかりとお腹が膨れて満足しました。

土日にあれだけ混んでいるなりのおいしさだとは思いました。
値段も安いですしそりゃあ混むでしょうね。
ただまぁタレの味のインパクトは本家の方が少し上ですかね。
接客はとても感じが良かったです。
とても活気のある雰囲気でした。
とにかくまぁ今回は店に入れたことが何よりです。
念願が叶いました。
またいつか機会があれば寄らせていただきます。

ふじがおか外観20200129

スポンサーサイト



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
定食屋に行ってきました。
にあります。

街かど屋20200126

買い物ついでに夕食を外食してきました。
本当は別の店に行く予定だったのですが出発が遅れてしまいまして、
先に買い物を済ませなければならなくなってしまいました。
そしてずっと補欠にしてきたこの店に行くことにしました。
この店は一昨年の8月に開店した時からずっと気になっていました。
でもチェーン店なので後回しにしていました。
ザ・めしやとおなじ系列なんですね。

場所は栗真の国道23号線沿いにあります。
三重大前という店名になっていますが前というには結構離れていますね。
到着してみると広い駐車場に10台くらいとまっていました。
中に入ってみると先客が7・8組いました。
日曜ですが21時前の遅い時間なのに結構いるものですね。

メニューと言いますか券売機はこんな感じです。

街かど屋メニュー20200126

タッチ画面になっています。
この手の店ではだいたいカツ丼を注文することが多いのですが、
それではこの店の特徴のあるサービスを使えません。
なので当初はカツ煮定食にするつもりだったのですが、
直前になって気が変わりましてチキン南蛮定食(800円)にしました。

店内も撮影してみました。

街かど屋店内20200126

テーブルが4人掛けと2人掛けが2組ずつにカウンターが30席くらいはあったと思います。
家族連れも結構いましたが男ひとりが客の大半なんでしょうね。
私もひとりですがテーブルに着きました。

10分ほどで運ばれてきました。

街かど屋チキン南蛮20200126

チキンカツに甘酢だれがかかっていてさらにタルタルソースがかかっています。
甘酢だけで南蛮っていう場合もありますがやっぱりタルタルがあってこそですよね。
カツそのものは普通でしたがタルタルが程よい酸味でとてもおいしかったです。(*^_^*)
ご飯がガンガン進みます。

味噌汁と小鉢もついてきました。

街かど屋味噌汁20200126

味噌汁は大きなお椀にたっぷりの量でした。
具はワカメとネギでした。
出汁が効いていてとてもおいしかったです。(*^_^*)
追加料金で豚汁に変更できまして迷ったのですがしませんでした。
冷奴は普通でした。
漬物が真ん中にありますがこれはセルフサービスでして自分で取ってきます。
いわゆる壷漬けでしてこれだけでもご飯が進みますね。

ご飯が小さい茶碗に軽く盛ってあるのですぐに食べ切ってしまいました。
なのでお代わりしてきました。

街かど屋ご飯大盛り20200126

この店はご飯のお代わりが自由なんです!\(^o^)/
ご飯のお代わりマシーンがありまして自分で取ってきます。
機械に茶碗をセットしてボタンを押すと自動で出てきます。
ひと口と小盛りと中盛りと大盛りの4種類ありまして大盛りにしました。
ただ上からぽたぽたと落ちてくる感じでして、
やはり盛りが軽いので見た目よりも量は少ないです。
これもすぐに食べ切ってしまってまた大盛りをお代わりしました。

それで足りるかなと思ったのですがカツが1切れ余りました。
なので小盛りでさらにお代わりしてきました。

街かど屋ご飯小盛り20200126

これはもう本当に少しだけですね。
米の炊き加減はちょうどいいくらいでした。
おそらく米質は並レベルなのではないかと思うのですが、
このふわっとした盛り加減がとてもいい感じでした。
1杯ずつの量が少なくても何度でもお代わりできるので無問題です。
パンパンにお腹が膨れて満足しました。

ハードルの設定が低いというのもありますが、
それでもかなりおいしかったというのが率直な感想です。
あれならどのおかずでもご飯が進むでしょうね。
いかにも男ひとりで入りやすい雰囲気に私と同類のド庶民だらけの空間・・・
何だかとても落ち着くと言いますかしっくりき過ぎると言いますか、
たまにはこうやって原点に帰るのもいいものですね。

お腹が苦しくて外観を撮影し忘れました・・・
完全に食べ過ぎですね。
もう年齢的にこんな量を食べるのは控えねばと思うのですが、
外食くらいは腹いっぱい食べたいというのもあります。
この満腹感 = 満足感というのから脱却せねばなりませんね。
それにしても、昨日とのギャップが凄まじいですねぇ。
まだまだ私はこの程度で十分満足できるんですよね・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
2020.01.25 すし処 やま幸
高級寿司屋に行ってきました。
にあります。

やま幸20200125

今回はどこに飲みに行こうかと検討したのですが、
どうにも決めきれませんでして・・・
結局近場で済まそうということになりまして、
急遽この店に行くことになりました。
この店は開店当初から気になっていました。
あの大寿司の孫弟子がやっておられるとのこと。
食べ歩きを始めた頃に大寿司に行ったものの予約で満席で断られて、
その後機会が無いまま大寿司は閉店してしまいました。
今回はやっとあの時の思いを果たす時がきました。

場所は雲出の国道165号線沿いにあります。
かつて大寿司があった場所で同じ建物です。
到着してみると10数台分くらいの駐車場に7・8台とまっていました。
中に入ってみるとほぼ満席に近い盛況のようでした。
ちょうど直前にテーブルが1組空いたようでしてラッキーでした。
予約しておいた方が無難でしょうね。
土曜の夕食時だからか混んでいました。

メニューはこんな感じです。

やま幸日本酒メニュー20200125

やま幸ドリンクメニュー20200125

やま幸1品メニュー20200125

やま幸おすすめメニュー20200125

やま幸盛り合わせメニュー20200125

やま幸コースメニュー20200125

やま幸細巻きメニュー20200125

ドリンクと1品ものの値段が書いてないのがどうにも・・・
寿司メニューは冊子になっていましてそれには値段が書いてありますが、
そちらは盛り合わせ的なものばかりです。
撮影しませんでしたが寿司の単品メニューもありまして、
そちらも値段が書いてありませんでした。
値段を気にせずに食べるような金持ちが対象の店なのがよくわかりますね。
うちらみたいなド庶民には不釣合いですが、
今年から生活水準を大幅に上げましたのでガンガン贅沢しますよ!

店内も撮影してみました。

やま幸店内20200125

間仕切りがされていてどのくらいの広さで席数なのかよくわかりませんでした。
座敷があるのかどうかも見えませんでした。
個室はあるようでした。
当然カウンターはありまして店主と会話しながら目の前で握ってもらっているようでした。
いつかはそういうのがさまになるような大人になりたいものですねぇ・・・

ということでまずは酒が運ばれてきました。

やま幸而今20200125

而今です。
名張の銘酒です。
純米と吟醸と大吟醸とありまして当然大吟醸を飲みたいところですが、
値段が書いてないのにビビってしまって純米にしてしまいました。
すっきりとした味でとてもおいしかったです。(*^_^*)
つきだしは白魚でした。
生姜醤油で食べます。
普通でした。
母と妹はウーロン茶を飲みました。

次はガリが運ばれてきました。

やま幸ガリ20200125

ガリは食べ放題でした。
うちの母の好物でして出されたもの全部食べてしまいました。
甘さと酸味が程よくておいしかったです。

次に穴子にぎり(2,750円)が運ばれてきました。

やま幸アナゴ20200125

これも母の好物です。
とろけるように柔らかくておいしかったです。

ここから少し間が空きまして15分ほどで運ばれてきました。

やま幸喜20200125

盛り合わせの喜(3,300円)です。
妹はこれのわさび抜き食べました。
もう見ただけでネタのグレードの高さがわかります。
どれも美味としか言いようの無いくらいにおいしかったです。o(^▽^)o

ちなみに母が食べたのはこれです。

やま幸和20200125

盛り合わせの和(2,200円)です。
母は生のイカが嫌いなのでいつも私の皿に置いてきます。
そして中トロまでも突き出してきました。
せっかく高級店に食べに来ているというのに・・・

寿司が運ばれた後に1品ものが運ばれてきました。

やま幸白子焼き20200125

やま幸あん肝20200125

たら白子焼きとあん肝です。
こちらを先に持ってきていただきたいです。
これもかなりの上物でしょうね。
居酒屋とかで食べるのよりは旨みの次元がかなり上でした。
まろやかでとてもおいしかったです。(*^_^*)

酒を追加しました。

やま幸森伊蔵20200125

森伊蔵のロックです。
芋焼酎の最高峰です。
酒が入ってタガが外れてしまったのか分不相応なものを注文してしまいました。
すっきりまろやかでとてもおいしかったです。(*^_^*)

もう止まりません。
さらに酒を追加しました。

やま幸山崎20200125

山崎のロックです。
国産ウイスキーでは高級な部類に入りますね。
撮影するのを忘れて半分以上飲んでしまいました。
かなり酔っていますね。
もうよく覚えていません・・・

最後は緑茶で〆ました。

やま幸緑茶20200125

食べ終わりに店員が声をかけてくれました。
しっかり熱くてしっかり濃くて苦くてこれぞ緑茶という感じでした。
寿司の後にはピッタリですね。
程よくお腹が膨れて満足しました。

高くておいしい店の典型ですね。
これほどの上質な食材ならおいしくて当然だとは思います。
でもそれを活かすだけの技術も存分に味あわせていただきました。
店主の威勢のいい声が店内に響いていてとても活気がありました。
店員の接客もとても感じが良かったです。
ただまぁちょっと贅沢し過ぎましたね。
値段が書いてないのがいくらしたのかわかりませんが、
お会計は全部で1万7千円くらいでした。
私が飲んだ酒がかなり引き上げているような気がします。
でもこれまで質素な生活をしてきましたので、
これからは良いものをガンガン食べに行きますよ!

やま幸外観20200125

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
カツレツを食べてきました。
松阪にあります。

Avanti20200119.jpg

買い物ついでに夕食を外食してきました。
この店は一昨年の12月に開店した当初から注目はしていたのですが、
その値段の高さに見合うものなのか確信が持てずに二の足を踏んでいました。
でもこの付近の候補はだいたい行き尽くしてしまったので順番が回ってきました。

場所は嬉野の伊勢中川駅の裏手のマンションの1階部分にあります。
かつてうなぎのきいやがあった場所です。
F・DININGの隣です。
到着してみると駐車場に2台とまっていました。
共同のも含めれば10台以上はとめれそうでした。
中に入ってみると先客は1組だけでした。
日曜ですが20時半前の遅い時間だからかすいていました。
21時LOで21時半閉店となっているのですが、
店員が20時半でCLOSEDの札に変えていたので、
どうやら入店は20時半までのようでした。

メニューはこんな感じです。

Avanti牛カツメニュー20200119

Avantiディナーメニュー20200119

Avantiアラカルトメニュー20200119

増税後はさらに値段が高くなっていますねぇ。
でも今年からはその程度では怯みません。
牛カツにもそそられますがやはりカツと言えばトンカツ
ということで雪室熟成ロースカツ定食の厚切りロースカツ(3,400円)を注文しました。

低温調理なので時間がかかります。

Avanti張り紙20200119

一番時間がかかるのを注文しちゃいましたね。
それにしても、かなり材料にこだわっているようです。

店内も撮影してみました。

Avanti店内20200119

テーブルが4人掛けが3組に2人掛けが2組にカウンターが6席でした。
ひとりですがすいていたのでテーブルに着きました。
まだ新しくてとてもきれいな店内でした。

ということで30分ほどで運ばれてきました。

Avantiカツ20200119

衣が白いままですね。
肉はピンク色です。
レアな揚げ加減なのでジューシーでとてもおいしかったです。(*^_^*)

キャベツの千切りがたっぷりです。

Avantiキャベツ20200119

オレンジ色の自家製ドレッシングがとてもおいしかったです。(*^_^*)
左に写っているのはタマネギとパプリカのマリネです。
これもおいしかったです。

ご飯は大盛りにしました。

Avantiライス大20200119

大中小から選びます。
大きな茶碗にかなりギッシリと盛ってありまして見た目以上に量がありました。
かなり良い米なのが食べていてすぐにわかりました。
漬物もおいしかったです。

豚汁も付いてきました。

Avanti豚汁20200119

具は豚肉に白菜に大根に人参にネギでした。
味噌もかなり良いものを使っているようでした。
出汁の味がとても複雑で深い味でとてもおいしかったです。(*^_^*)

カツにつけるものとしていろいろ用意してありました。

Avantiタレ20200119

からしにわさびにポン酢です。
テーブルにはトンカツソースも置いてありました。
わさびとポン酢で食べるとさっぱりしていておいしいのですがもうひとつピンときません。
からしとトンカツソースで食べるといかにもトンカツを食べている感じになるのですが、
そうなるとカツレツという感じがしません。

そこでこれです。

Avanti塩20200119

ピンク岩塩です。
シンプルイズベスト。
豚の旨みを最も引き出していてこれが一番おいしかったです。(*^_^*)

ご飯が大1杯で足りると思っていたのですが僅かに足りませんでした。
なのでお代わりしました。

Avantiライス小20200119

お代わりは中までですが1杯無料でできます。
小にしました。
一気に小さい茶碗になりましたがやはりぎっしりと盛ってありました。
量が多くなるのはありがたいのですが、
せっかくの上質な米なのでもう少しふんわりと盛っていただきたいです。
パンパンにお腹が膨れて満足しました。

ここ何年かで低温調理の効果がよく言われるようになりまして私も関心を持っていました。
実際はどんなものかと思っていましたが、
低温揚げによって肉の旨みが最大限になっているように感じました。
かなりおいしかったというのが率直な感想です。
すべての材料に最高のものを使っていることもあってとてもクオリティが高いです。
これならこの値段でもCPは高いと言わざるを得ません。
そうなると他の揚げ物もかなり期待できそうです。
ただまぁここまでレアな感じだと好みが分かれそうな気もします。
うちの家族はレアなのが苦手なので連れて行くのは難しいかもしれません。
またいつかひとりで寄らせていただきます。

Avanti外観20200119

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
夜カフェしてきました。
にあります。

コメダ20200118

せっかく松阪まで行っているのだから松阪市内で検討したのですが、
ほどは土地勘が無いのでうまく見つけることができませんでした。(;д;)
妹の運転ですし私は酔っていますし・・・
結局に戻ってきてしまいましてこの店に寄ることにしました。
にはコメダが4店ありましてその内2店は既に行っております。
この店は家から一番近いのにまだ行ったことがありませんでした。
コメダに行くのは2013年の6月に津中央店に行って以来なので6年半振りです。

場所は高茶屋の国道23号線の高茶屋小森交差点と言いますか、
うなぎののぐちのある角を海側に曲がってすぐのところにあります。
到着してみると広い駐車場がかなり埋まっていました。
中に入ってみると多数の先客で満席に近い盛況でした。
土曜とはいえ21時前の遅い時間なのにこんなに混んでいるものなのですね。
夜カフェというのがそんなに浸透しているのでしょうか?
入り口を入って右側が喫煙で左側が禁煙になっていました。
当然禁煙ゾーンに行きました。

メニューはこんな感じです。

コメダコーヒーメニュー20200118

コメダドリンクメニュー20200118

コメダセットメニュー20200118

コメダサンドメニュー20200118

コメダフードメニュー20200118

店員からケーキはすべて売り切れで、
季節限定のシロノワールもゼリー系も売り切れとのこと・・・
ケーキでも食べようと思ってきているのに・・・(´・_・`)
要するにデザートはもうソフトクリームしか無いということでした。
仕方が無いので選べるデザートセットのミニシロノワール(790円)にしました。
選べないのに何と皮肉なネーミング・・・

数分ですぐにドリンクが運ばれてきました。

コメダミルクコーヒー20200118

いろいろある中からミルクコーヒーにしました。
右にはお馴染みの豆菓子が付いてきています。
ちょっと前までコーヒーは苦手でしたが家でちょこちょこ飲むようにしてきまして、
最近はだんだんと普通に飲めるようになってきました。
カフェオレな感じで普通においしかったです。

そしてミニシロノワールも運ばれてきました。

コメダミニシロノワール20200118

これは7・8年前に初めてコメダに行った時に既に食べています。
その時とほぼ同じ感想ですね。
ソフトクリームもデニッシュパンもどちらもとてもおいしいのですが、
これを合わせる意義は今回も感じませんでした。
冷たいものと暖かいものの融合なんでしょうけれど・・・

ちなみに母が食べたのはこれです。

コメダソフトクリーム20200118

ソフトクリーム(430円)です。
コメダのソフトクリームのおいしさは鉄板です。

妹が飲んだのはこれです。

コメダクリームコーヒー20200118

クリームコーヒー(550円)です。
体が冷えて途中から寒がっていました。

ほとんどの客が長居するからか全体的に値段が高めですね。
うちらみたいにとっとと食べて飲んでしまうタイプには向きませんね。
特に母は外では落ち着いてくつろげないタイプのようですぐに帰りたがります。
私もかつてはそういうタイプでしたが食べ歩きで鍛えてきたので今はそうでもありません。
今後はカフェで優雅にランチというのもやってみたいと思っていますので、
またどこかのコメダに行く機会もあるかもしれません。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
2020.01.18 お食事処 凪
鳥焼きを食べてきました。
松阪にあります。

凪20200118

どこに飲みに行こうかいろいろと検討しまして、
とある焼き鳥屋へ行ってみたものの満員で断られてしまいました・・・(T_T)
駅からも大通りからも微妙に離れた場所なので大丈夫だろうとたかをくくっていましたが、
ネットで評判のいいところはやはり混んでいますね。
居酒屋は予約必須と骨身に沁みました。
他の候補を考えていなかったのでしばし困惑しましたが、
必死に頭をフル回転させてこの店のことを思い出しました。
この店は昔から松阪方面へ出かけた時に目について気になっていました。
店名にどうしても惹かれてしまうんですよ。
情熱の重さは夜の・・・ということで行ってきました。

場所は松ヶ島町の国道23号線沿いにあります。
釣具・釣り餌屋と同じ敷地といいますか建物も繋がっています。
到着してみると10台くらいは置けそうな駐車場に1台もとまっていませんでした。
中に入ってみると先客はいませんでした。
そして帰るまで客はうちらだけでした。
土曜の夕食時ですがガラガラでした。

メニューはこんな感じです。

凪とり焼きメニュー20200118

凪焼き物メニュー20200118

凪揚げ物メニュー20200118

凪おつまみメニュー20200118

凪お食事メニュー20200118

凪ドリンクメニュー20200118

店内が定食ゾーンと鳥焼きゾーンとに分かれていまして、
これら以外に定食メニューもありました。
それなりに居酒屋的なメニューもありました。
ただドリンクメニューはお食事処レベルですね。

店内も撮影してみました。

凪店内20200118

こちらは鳥焼きゾーンで座敷が4組ありまして、
定食ゾーンは座敷が3組にカウンターが5・6席くらいありました。
いかにもお食事処な店内でした。

5分ほどで運ばれ始めました。
まずはせせり(400円)です。

凪せせり20200118

撮影するのを忘れて焼き始めてしまったので3切れ分少ないです。
塩にしました。

次は若鳥(400円)と肝(350円)です。

凪若どり20200118

味噌にしました。

今回は妹が運転手をしてくれたので私が飲みます。

凪冷酒20200118

八兵衛(800円)です。
冷酒です。
まろやかでとても飲みやすい味でした。
フルーティでとてもおいしかったです。(*^_^*)

ということで焼き始めました。

凪網焼き20200118

ガスによる網焼きです。
場所によって火加減にムラがありました。
全体的に火力が弱い感じもしました。
何とか焼きまして食べ始めました。
せせりは程よい歯応えで噛むほどに旨みが出てきてとてもおいしかったです。(*^_^*)
若鳥は柔らかくておいしいもののムネ肉の割合が多かったのがどうにも・・・
肝もおいしいのですが普通かなぁ...と。
味噌の味もおいしいのですが特にインパクトはありませんでした。
おろしニンニクも持ってきてくれまして味噌に入れてみましたが、
あまり味に変化はありませんでした。

少し遅れて手羽中(400円)が運ばれてきました。

凪手羽中20200118

塩にしました。
骨付きです。
ジューシーでとてもおいしかったです。(*^_^*)

ここから妹が注文した1品料理が運ばれてきました。
まずはチヂミ(350円)です。

凪チヂミ20200118

何か変な風味があってイマイチでした・・・(´・_・`)

次は玉子焼き(350円)です。

凪玉子焼き20200118

こちらは甘いのにするか醤油入りにするか聞かれまして、
妹が甘いのにしてしまいました。
おいしいのですが私には甘くてもうひとつでした。
家族は喜んでいました。

次は豚の生姜焼き(400円)です。

凪豚のしょうが焼き20200118

マヨネーズのかかっている生姜焼きは初めてです。
おいしいのですがこれもタレが甘めでした。
酒のあてにはもっとスパイシーな方がいいですね。

次は天むすが運ばれてきました。

凪天むす20200118

これは母と妹が食べました。
一見普通のおにぎりですが中にはちゃんと海老が入っていました。
ただいわゆる天むすというよりはおにぎりの具が海老という感じでした。

最後は鉄火丼の並(550円)で〆ました。

凪鉄火丼20200118

上を注文しようとしたのですが今日は無いとのことでした。
右に写っているのはたくあんと冷凍のきざみわざびです。
マグロの赤身ですが味がしっかりとしていました。
タレもご飯とよく合っていてとてもおいしかったです。(*^_^*)
程よくお腹が膨れました。

当然かもしれませんがいかにもお食事処で飲んだという感じですね。
何もかもが普通でした。
全体的に料理の値段が安めなのでCPは良いと思います。
鉄火丼のクオリティからすると定食の方がこの店の本領を発揮しているのかもしれません。
年配のご夫婦ふたりでされていました。
ランチ向きの店のように感じました。

凪外観20200118

何だか物足りないのでカフェでデザートをということになりました。
次行ってみよぉ~♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
2020.01.12 和洋食 みやた
大衆食堂で洋食を食べてきました。
にあります。

みやた20200112

買い物ついでに夕食を外食してきました。
この店は伊賀のitoへ行く道中にいつも目にしていまして気になっていました。
でもリストに入れたのはまだここ1・2年くらいです。
当初はネットの口コミの数が少なくて決めかねていましたが、
良さそうな感じがするので行ってみることにしました。

場所は白山の国道165号線沿いにあります。
合併で広くなったので同じとは言っても家から30分くらいかかりました。
到着してみると20台近くとめれそうな駐車場に7・8台とまっていました。
中に入ってみるとほぼ満席に近い盛況でした。
日曜の夕食時だからか混んでいました。
座敷が4組にテーブルが3組にカウンターが6席でした。
いかにもお食事処という感じの店内でした。

メニューはこんな感じです。

みやた定食メニュー20200112

みやた丼メニュー20200112

みやた洋風メニュー20200112

みやた鍋メニュー20200112

みやたおすすめメニュー20200112

店名にあるように和食と洋食と両方あります。
割合的には明らかに和食押しですよね。
でも私がこの店を候補に入れた決め手は洋食の方でした。
単品で気になっていたメニューを注文しました。

10分ほどでまずは手造りカニクリームコロッケ(1,100円)が運ばれてきました。

みやたカニクリームコロッケ20200112

普通サイズのが2個だけです。
右上のはケチャップスパゲティです。
サラダはキャベツにレタスにきゅうりにトマトでした。
ドレッシングはフレンチでした。

コロッケを割ってみました。

みやたクリーム20200112

トロトロというほどではありませんが結構緩い感じでした。
カニはあまり感じませんでしたがクリームが濃厚でとてもおいしかったです。(*^_^*)
タルタルソースも手造りでおいしかったです。
ただもう少し玉子がたっぷりで酸味が効いているといいですかね。

そして昔ながらのハヤシライス(1,045円)も運ばれてきました。

みやたハヤシライス20200112

食べた瞬間は苦味を感じてその後すぐに甘みを感じました。
独特の風味のいろいろと手が込んでいる感じの深い味でした。
肉がたっぷりと入っていてとてもおいしかったです。(*^_^*)
程よくお腹が膨れて満足しました。

かなりおいしかったというのが率直な感想なのですが、
それほどインパクトがあったわけでも無いのも事実です。
でもこの手の食堂にしては十分過ぎるくらいだとは思います。
先客と店主との会話を聞いていたら今はどうやら二代目で和食が専門とのこと。
先代が洋食をやっていたのでこの形式なのだそうです。
となると今の店主の本領は和食でこそ発揮されているのかもしれません。
ホワイトボードに酒のあてのメニューが豊富にありまして、
夜は居酒屋がメインのようでした。
この付近の住民の憩いの場所なんでしょうね。
またいつか機会があれば和食を試しに寄らせていただきます。

みやた外観20200112

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
2020.01.11 Udon Dining 空麦
うどん居酒屋に行ってきました。
にあります。

空麦20200111

この店は2011年の開店以来ずっと機会をうかがってきました。
当初はうどんだけが目当てだったのですが、
いつしか夜にやっている居酒屋としての側面に着目するようになりました。
これまでは外飲みの機会が限られていたのでなかなか順番が回ってきませんでしたが、
今年からは毎週土曜は飲みに行く日にした初回をこの店にしました。

場所は津駅前にあります。
JR側から出て右手に進んで次の次の角を左折して少し進んだ右手にあります。
到着してみると店の右側に駐車場がありました。
中に入ってみるとほぼ満員の盛況でした。
テーブルが2人掛けが7組ありまして、
それを状況に応じて4人掛けや6人掛けにしているようでした。
カウンターは6席ありました。
当日に予約をして行ったのですがカウンターに案内されました。
狭くて小さい店でした。

メニューはこんな感じです。

空麦とりあえずメニュー20200111

空麦揚げ物メニュー20200111

空麦うどんメニュー20200111

空麦ビールメニュー20200111

空麦ドリンクメニュー20200111

空麦地酒メニュー20200111

空麦銘酒メニュー20200111

空麦焼酎メニュー20200111

空麦限定酒メニュー20200111

空麦気まぐれメニュー20200111

おつまみと地酒の充実っぷりが特徴ですね。
これこそが私が目をつけた理由です。
結構いいお値段のものもありますが、
今回は財布が一緒なので気にせずに贅沢しますよ!(^∇^)

母と妹はとりビーですが私はとり地です。

空麦而今20200111

而今 特別純米にごり酒(1,000円)です。
いきなり地酒からいただきます。
超貴重とか書かれると弱いんですよね・・・
爽やかな甘さでとてもおいしかったです。(*^_^*)
ただまぁグラスに半分程度でこの値段は高いですね・・・
右のはつき出しの枝豆で普通でした。

まずはおでんが運ばれてきました。

空麦おでん20200111

大根です。
妹が注文しましたがこれ1個だけって・・・
ひと口食べましたが出汁がよくしみていておいしかったです。

次はポテトサラダ(500円)です。

空麦ポテトサラダ20200111

ハムとコーンも入っていました。
濃厚で深い味でとてもおいしかったです。(*^_^*)

次は土手煮(550円)です。

空麦土手煮20200111

黒毛和牛がトロトロに煮込まれていました。
濃厚で旨みが強くてとてもおいしかったです。(*^_^*)

次は麻婆豆腐です(850円)。

空麦麻婆豆腐20200111

うちの家族でも食べれる辛さと言いますか、
私にはほとんど辛さは感じませんでした。
ただ味はとてもおいしかったです。(*^_^*)

酒を追加しました。

空麦半蔵20200111

半蔵(900円)です。
2杯目も地酒です。
サミット酒として有名になってしまいましたね。
爽やかな辛さでとてもおいしかったです。(*^_^*)

次は霜降りササミの造り(700円)です。

空麦ささみ造り20200111

右にあるのは生姜とネギです。
柔らかくてとてもおいしかったです。(*^_^*)
鳥肉の刺身にハマリつつある私であります。

次はとり天(450円)です。

空麦とり天20200111

たっぷりの量です。
左の塩をつけて食べます。
妹は海苔塩じゃなかろうかと言っていましたが、
私は塩コショウか藻塩ではなかろうかと思いました。
ジューシーでとてもおいしかったです。(*^_^*)

次はエイの肝の天ぷら(1,200円)です。

空麦エイ肝天20200111

こちらもたっぷりの量かと思いきや半分以上は野菜の天ぷらでした・・・
こちらは塩または天つゆにつけて食べました。
エイの肝なんて初めて食べました。
少しクセがありますがアン肝とはまた違った味わいでとてもおいしかったです。(*^_^*)

さらに酒を追加しました。

空麦なかむら20200111

なかむら(600円)です。
3杯目は芋焼酎ロックです。
爽やかな芋の甘みでとてもおいしかったです。(*^_^*)
ただ少し氷が多いような・・・

次は出し巻き玉子(650円)です。

空麦出汁巻き玉子20200111

普通の玉子焼きという感じで普通においしかったです。

さらにさらに酒を追加しました。

空麦カルピスハイサワー20200111

ハイカラサワーのカルピス(450円)です。
チューハイでカルピスを割ったということのようです。
これはもうそのまんまの味でした。
ソフトドリンク代わりにチューハイを飲むのがパターン化してきている私であります。

次は栗の天ぷらです。

空麦栗の天ぷら20200111

下にある揚げ麺みたいなのはポテトです。
栗の天ぷらなんて初めて食べました。
ほんのり甘くてホクホクしてとてもおいしかったです。(*^_^*)

最後はうどんで〆ました。

空麦釜玉うどん20200111

釜玉うどん(600円)です。
玉子がいい色していますね。
うどんにしっかりコシがありました。
玉子の旨みが濃厚でとてもおいしかったです。(*^_^*)
当初はそれぞれうどんを1杯ずつ注文するつもりだったのですが、
料理をたくさん注文してしまったので母と妹はお腹が膨れてしまったらしく、
これを2・3本くらい味見しただけでした。
ほとんどを私ひとりで食べました。
パンパンにお腹が膨れて満足しました。

思っていた通りの料理のレベルの高さでした。
どれもとても深い味でかなりしっかりと調理されている感じがしました。
ただまぁ混んでいるので料理が出てくるまでにかなり時間がかかりました。
店に入ってから帰るまで2時間半くらいいましたので営業時間を過ぎていました。
回転が悪いので予約は必須かと思われるのですが、
普段はもっとすいているとのことでした。
実際のところはどうなんでしょうね?
店主夫妻とそのお母様の3人でされているようでした。
奥様の接客がとても感じが良かったです。
うちの家族もかなり気に入ったようでした。
またいつか寄らせていただきます。

空麦外観20200111

行きは電車でしたが帰りはタクシーで帰りました。
私は帰りも電車でいいのですが母と妹はもう当たり前のようにタクシー乗り場へと向かいます。
だんだんと贅沢が身に付いてきました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
2020.01.05 Rita
パスタを食べてきました。
にあります。

Rita20200105.jpg

買い物ついでに夕食を外食してきました。
この店は一昨年の7月に開店した当初から気になっていました。
ただネットに出てくる情報のほとんどがランチのことばかりでして、
ディナーが中心の私としては決めかねていました。
実はランチで店の前まで行ったことはあるのですが、
駐車場が満車であきらめて他へ行きました。
今年からは外食をグレードアップしていきますので、
少々高くてもいいかと腹をくくって行ってきました。

場所は久居の国道165号線沿いにあります。
かつては桶長というパン屋でその前はル・アンジェというカフェレストランだった場所です。
あれからもう10年近く経つのか・・・
到着してみると10台分くらいの駐車場に4台とまっていました。
中に入ってみると先客が3組いました。
日曜の夕食時ですがすいていました。
この手の店はランチが中心でしょうね。
店の看板に書いてあるのですがイタリアン+フレンチの店のようです。

メニューはこんな感じです。

Rita前菜メニュー20200105

Ritaパスタメニュー20200105

Ritaメインメニュー20200105

Ritaコースメニュー20200105

メニュー写真の3枚目の右下にありますように、
単品はお正月料金ということで+10%とのこと・・・
コースなら消費税分だけとのこと。
目当てのメニューが単品にしかないので困ってしまいました・・・(´・_・`)
気にせずに食べたいものを注文しようかとも思ったのですが、
またここでド庶民根性が出てしまいました。
ということでDinner A(3,850円)を注文しました。
でもよくよく考えてみたら単品でいくつか注文する方がトータルでは安かったです。
俺って馬鹿じゃなかろうか・・・(;д;)

店内も撮影してみました。

Rita店内20200105

テーブルのみで4人掛けと2人掛けが4組ずつありました。
でもこれは出入り口から左側のスペースでして、
右側のスペースはよくわかりませんでした。
おしゃれでとてもきれいな店内でした。
おっさんひとりでおしゃれな店に突入シリーズなのですが、
客の年齢層が結構高めでしてそれほど違和感は感じませんでした。

15分ほどでオードブルとサラダが運ばれてきました。

Ritaオードブル20200105

店員が説明してくれたのですが、
聞いているそばから頭から抜けてしまいました・・・
肉はローストビーフなのは見ればわかりますが、
ソースがマデラ酒とか言っていたような・・・
このソースがもの凄くおいしくてビックリ!(゚д゚)
肉を噛むほどに旨みが溢れてきてとてもおいしかったです。(*^_^*)
小さいのが2本あるのは何かのフリッターと言っていたような・・・
マスタードをつけながら食べました。
抹茶パンみたいなのは何て言っていたか全く覚えていません・・・
結構硬めでした。
どちらも普通においしかったです。

サラダも食べてみました。

Ritaサラダ20200105

レタスにラディッシュにブロッコリーにフライドポテトにサツマイモに生ハムでした。
自家製らしきドレッシングがとてもいい味でした。
生ハムがたっぷりでとてもおいしかったです。(*^_^*)
量がやけに多いですよね。
店員が「多かったら残してもらってもいいですよ」と言っていました。

次にスープが運ばれてきました。

Ritaスープ20200105

洋風雑煮だそうです。
真ん中に小さい餅がひとつ入っています。
スープとしてはミネストローネでした。
具沢山でとてもおいしかったです。(*^_^*)

そしてメインが運ばれてきました。

Ritaパスタ20200105

チーズラバパスタです。
ボロネーゼかカルボナーラか選べましてボロネーゼにしました。
要するにグラタン風パスタということのようです。
店員がかき混ぜました。
チーズがたっぷりと入っていまして、
パスタをトングで持ち上げるとチーズが伸びる伸びる。
角切りの肉がたっぷりと入っていました。
いろんな味が複雑に絡み合っていてとても濃厚でとてもおいしかったです。(*^_^*)
これも一応は1人前にしてあるらしいのですが、
本来は2人前からのものなので多めになってしまっているとのことでした。
食べていても明らかにたっぷりの量でした。

最後はデザートで〆ました。

Ritaデザート20200105

エクレアです。
右がショコラで左がキャラメルです。
しっかりと甘くておいしかったです。
甘いものオンチなのは今も変わっていませんが、
これまでの訓練によってだんだんとおいしく食べれるようになってきました。
パンパンにお腹が膨れて満足しました。

料理はどれもとてもおいしくてかなりレベルは高いと思いました。
若いシェフふたりでやっておられるそうですね。
接客も少しフランクですがとても感じが良かったです。
店員の女の子が可愛かった・・・(#^.^#)
私はたっぷり食べれて良かったのですが、
1人前の料金で1.5人前くらい食べさせていただいて何だか少し申し訳なかったです。
またいつか今度こそはオムライスを食べに寄らせていただきます。

Rita外観20200105

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
沖縄料理を食べてきました。
にあります。

近所のうなぎ屋がもうすぐ閉店するというのを聞きまして、
そちらへ向かったものの閉まっていました。
昨年末で閉店したのだろうか・・・
それともまだ正月休みなのか?
じゃあどうしようかとなりまして、
正月休みに相応しいところでと車を走らせながらいろいろと検討しまして、
妹が行きたいと言うのでこの店に行くことにしました。
この店の存在はかなり以前から知ってはいましたがリストに入れたことはありませんでした。
居酒屋みたいなもので普通に食事だけという店では無いようでしたので。

場所は久居の国道165号線沿いのサウスウエストという飲食店街にあります。
あさくまの隣の隣です。
到着してみると駐車場に4・5台とまっていました。
店の前には6・7台分ありますがおそらく周囲の駐車場にもとめていいのだと思われます。
中に入ってみると数組先客がいるようでしたが間仕切りされていたのでよく見えませんでした。
おそらくテーブルのみだと思われますが何組くらいあるのかもよくわかりませんでした。
沖縄を意識したような感じの内装になっていました。

メニューはこんな感じです。

花花ビールメニュー20200104

花花カクテルメニュー20200104

花花ドリンクメニュー20200104

花花名物メニュー20200104

花花九州メニュー20200104

花花おつまみメニュー20200104

花花逸品メニュー20200104

花花ごはんメニュー20200104

メニューがアルコールから始まっていていかにも飲み屋な感じですね。
沖縄だけじゃなくて九州料理もありました。
いかにも沖縄っぽいのを中心に注文しました。

まずはとりビーです。

花花ビール20200104

オリオンビール(638円)です。
ビンのはなかなかここいらでは見かけませんね。
妹と母が飲みました。

運転手の私はノンアルコールカクテルです。

花花ノンアルカクテル20200104

海人スカッシュ(462円)です。
シークァーサー+ジンジャーエールだそうです。
さっぱりしていて飲みやすかったです。
左に写っているのはつきだしです。
キンピラゴボウでした。
普通でした。
本当にこういうのってどうにかなりませんかね・・・(♯`∧´)

次に海ぶどう(715円)が運ばれてきました。

花花海ぶどう20200104

左に写っているのはポン酢です。
シークァーサー入りらしく妹がいたく気に入っていました。
私は粒々の食感がいい感じでしたが母は気に入らなかったようです。

次にラフテー(825円)が運ばれてきました。

花花ラフテー20200104

いわゆる豚の角煮ですね。
柔らかくておいしかったです。

次にゴーヤチャンプルー(638円)が運ばれてきました。

花花ゴーヤチャンプルー20200104

鰹節がたっぷりとかかっています。
沖縄と言えばこれですよね。
うちの家族は苦いのが苦手なのでどうかなと思いましたが、
処理がかなり丁寧にされているようで食べやすかったです。
焼豚の刻んだようなのが入っていて旨みが強くてとてもおいしかったです。(*^_^*)
これが一番おいしかったですね。

次は島もずくの天ぷら(495円)です。

花花もずく天ぷら20200104

左に写っているのは塩です。
珍しい食べ方ですがそれだけですね。

次はあぐー餃子(495円)です。

花花餃子20200104

沖縄特産の豚の肉入りなんでしょうけれども、
これと言って特徴的な味はしませんでした。
普通の餃子という感じで普通においしかったです。

妹と母が酒を追加しました。

花花カクテル20200104

泡盛カクテル(各539円)です。
左が母が飲んだダリア(泡盛+マンゴー+アップル)で、
右が妹が飲んだひまわり(泡盛+シークァーサー)です。
甘くてジュースみたいだと言っていました。

食べ物も追加しました。

花花ミミガー20200104

ミミガーねぎポン酢(440円)です。
要するに豚の耳が細切れで揚げてあります。
おいしいのですが普通ですかね。

次は紅芋コロッケ(440円)です。

花花コロッケ20200104

妹が注文しました。
私も半切れ食べましたが甘いのにソースとマヨネーズって合いませんね・・・

次は石焼タコライス(660円)です。

花花石焼タコライス20200104

タコスライスでタコライスなのでメキシコ料理っぽいですが、
あくまでこれは沖縄料理なんですよね。
しっかり混ぜました。

花花タコライス20200104

チリソースで結構ピリ辛でしたがうち家族でも何とか食べれました。
ただ味としてはもうひとつかなと。

最後は花花風ソーキそば(792円)です。

花花ソーキそば20200104

ソーキは骨付きにはなっていませんでした。
軟骨程度は残っていましたが柔らかくて食べやすかったです。
スープがとてもいい出汁が効いていてとてもおいしかったです。(*^_^*)
程よくお腹が膨れました。

どれもおいしかったのですが、
沖縄料理を食べ慣れていないのでイマイチしっくりきませんでした。
妹は何度も沖縄に行っているので得意げにウンチクを語っていましたが、
私にはあまりピンときませんでした。
でも接客はとても丁寧で感じが良かったですし、
料理がとても迅速に運ばれてきました。
店としてはかなりレベルは高いと思いました。
たまには変わったものを食べるのもいいものですね。

花花外観20200104

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ